人気ブログランキング | 話題のタグを見る

師走

師走_b0199592_2202183.jpg

クリスマスからお正月にかけての街が活気づいているこの時期が好きです。
クリスマスはたいした予定がなくてもなんかわくわくします。あと忘年会とか会社勤めの時は仕事納めの日とか、今年も終わりだーって開放感に溢れてていいですね!

先週の土曜日は今年最後のMJでした。活気の溢れた授業の後、近くの居酒屋で飲み会。
年下の友人と須賀敦子さんについて熱く語りました。私は本が好きなのですが、かなり趣味が偏っていて中々話が合う人がいなかったので、須賀敦子さんのことをこんなにも話せるなんてうれしかったです!彼女は私よりも大分若くて、大分大分!!頭が良くて文章力もあるので同じ本を読んでいても捉え方とか掘り下げ方に感心させられます。

二人とも大好きな「ユルスナールの靴」(須賀敦子)のプロローグの一編。
「きっちり足に合った靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ。そう心のどこかで思いつづけ、完璧な靴に出会わなかった不幸をかこちながら、私はこれまで生きてきたような気がする。行きたいところ、行くべきところぜんぶにじぶんが行っていないのは、あるいは行くのをあきらめたのは、すべて、じぶんの足にぴったりな靴をもたなかったせいなのだ、と。」

須賀さんの文章は旦那さんが夭折したせいもあるかと思いますが、失うということを強く感じさせます。しかし沢山の大切なものを失っても歩く、時には道に迷いながらも歩くことを止めないそんな生き方にとても憧れます。
by tadakeiko | 2010-12-21 03:33 | 日記